緑内障があるときに眼科でレーシックを受けられるか

眼科でレーシックを受けるときの利点と問題点
目の病気として知られているのが緑内障と白内障です。白内障に関しては、老化の現象の一つと言われています。高齢者の多くが一定の症状があるとのことです。緑内障に関してはまた別の要因になります。視野が急激に狭くなったりするので、適切な治療を受けないといけないことがあります。通院などによって、治療をすることになるでしょう。そのような病気があったり、疑いがあるとき、それとは別の治療を受けることができるか疑問に思うことがあります。

現在、緑内障の疑いがあるとして、検査を受けている状態です。この状態で、眼科においてレーシックの手術をうけることが可能かどうかです。これは、クリニックで違いがあるかもしれませんが、あるクリニックにおいては、できることもあるとのことです。緑内障の症状が、必ずしも手術に影響をあたえるものではないからとのことです。しかし、目の病気であることには変わりありません。問題があると思われるときは、受けられないこともあります。

気になることとしては、現在疑いがあって、視力回復手術をしたから緑内障になりやすくなるかです。このこちに関しても、直接関連性のあることではないとのことです。でも、手術をしたら逆に緑内障になりにくくなるものでもありません。何らかの症状が出ているのであれば、そちらについては継続的に通っているクリニックで状態を診てもらうようにしましょう。そちらのクリニックにおいても、手術に対する是非について教えてくれるかもしれません。

おすすめ情報