遠方から眼科にレーシック手術を受けるときの日数

眼科でレーシックを受けるときの利点と問題点
都会にいると、色々と騒がしくて住みにくいと考えることがあります。田舎暮らし、地方で暮らしたいと思うようになるのです。ではそれで不都合はないかですが、結構出てきます。一番多いものとしては、買い物事情でしょう。都会であれば歩けばそこにコンビニがあります。地方においては全くないことはありませんが、国道を数キロ行ったところにしかないようなこともあります。コンビニはなんとか見つけることが出来ますが、そもそもないものもあります。

一応眼科はあります。目の病気の人が困ります。でも、レーシック手術をしてくれるところ、一定件数の実績があるところになるとないかもしれません。そのために、受けようと思うのなら都会まで出てくる必要があります。遠方から都会に手術を受けるときに、どれくらいの日数について見ておけばよいのでしょうか。近くに病院がある人に関しては、1日の手術期間で良いと聞いたことがあります。遠方からの人も1日準備しておけば良いかです。

手術自体は1日のうち数十分で終わることがあります。それくらい短いものです。しかし、それだけではないのです。まず手術を受けられるかどうかの適応検査を行います。これは来院初日に行われるもので、その日には手術は行いません。翌日手術を受け、さらにその次の日に術後の検診を行います。これが一セットと考えましょう。ですから、3日間は通院する必要があります。3日必要と言っても、入院の必要はありません。宿泊施設などを利用します。

おすすめ情報