眼科においてレーシック手術ができない時の状態

眼科でレーシックを受けるときの利点と問題点
近視や乱視の状態においては、目の中におけるレンズの部分である角膜に問題があるようです。通常は、メガネであったり、コンタクトレンズなどで矯正をします。メガネであれば、当然装着をする必要があります。全ての視野でメガネのレンズを通すことは出来ず、自ずと視野は狭い状態になります。コンタクトレンズは視野は広がり、装着感も減り、ファッションにおいても裸眼と変わりません。しかし、異物感があったり、ドライアイになったりします。

そこで考えるのが、眼科において行われるレーシック手術になります。角膜を切除することによって、レンズ部分を調整して、見ることができるようにするものになります。そのための機械であったり、機械を使える医師が増え、症例も増えていることから、行う人に関してはその効果を得られるケースが多いようです。でも、すべての人が手術を受けられるわけではありません。手術を受けられるかどうかは、その前に行われるカウンセリングで決められます。

出来ない時の状態としては、角膜の状態です。近視などがきつい状態になると、レンズを大きく削ることがあります。一定量削るのは問題ないのですが、あまりたくさん削るのは良くないとされています。それぞれのクリニックで、これ以上は削れないとされているようです。視力の状態から、どれくらい削らないといけないけども、それが限度に引っかかってしまう場合には、受けられないことがあります。他のクリニックなら受けられることもあります。

おすすめ情報