眼科でレーシック手術を受けるときコンタクトをしている人

眼科でレーシックを受けるときの利点と問題点
メガネに比べて、コンタクトレンズは便利です。ですから、初めてメガネからコンタクトに変えたときは、人生が変わったように思うこともありました。ただし、メガネは一度購入すればそれほどコストはかかりませんが、コンタクトは一定期間ごとに買い換える必要があります。ハードレンズにしても、利用期間があるからです。ソフトタイプなどだと、1日で交換するものもあります。1日辺りで毎日費用がかかるのは辛いと感じることもあります。

コンタクトレンズの先の状態はないと思っていたのですが、眼科においてレーシック手術を受けることで、先を見出すことができるようになりました。この手術において、一般の人と同様に、何も装着しなくても視力が回復するとのことです。手術の費用はかかりますが、毎日のようにコストが積み上がっていくことはありません。さらに、装着をしている不快感もありません。では、コンタクトレンズをしている人が手術を受けるときにしなければいけないことはあるかです。

コンタクトレンズに関しては、目に直接つけているものです。そのため、眼の状態が通常とは異なる状態になっています。このままだと手術はおろか、検査も行えない状態です。そのため、一定期間レンズを外しておく必要があります。ソフトレンズの場合は、3日から1週間ぐらいは外しておきます。ハードコンタクトの場合は、角膜への影響が大きいです。そのことから、2週間から3週間ほど外した状態にした上で、検査を受けることになります。

おすすめ情報