眼科で行うレーシック手術の後に出来ないことを知る

眼科でレーシックを受けるときの利点と問題点
忙しい人は、予定表などを見ると隙間がないくらいに埋まっています。僅かな隙間を見つけて、そこに自分のしたいことであったり、それまで出来なかったことなどを入れていくことになります。ある人は、視力があまり良くありません。それが生活の効率が悪くなっているように思い出しました。眼科においてレーシックを受けることで、その問題点を解決できるかもしれません。なんとか時間を作ることが出来たので、手術を受けようとクリニックに向かいました。

そこで言われたこととしては、術後にしてはいけないことです。もし、してはいけないことをしなければいけないのであれば、手術はその後のほうが良いとのことです。飛行機に乗ること自体は、翌日から行えるそうです。出張などがあっても大丈夫のようです。問題は目に対する負担のあるものです。お風呂に関しては、手術当日は入ることが出来ません。顔周辺のをタオルで拭く程度です。シャワーを使って体を洗えますが、目に水を入れてはいけません。

お風呂に関しては、翌日の検査で問題がなければ入ることが出来ます。しかし、サウナなどの特別なところに関しては、1週間は行くことが出来ないとされています。同じ理由で温泉にも行かないようにしてくださいと言われました。宴会の予定で入ることがあるなら、手術を延期しなければいけないかもしれません。女性のアイメイクに関しては翌日から行えますが、目に入らないようにしなければいけません。あまり濃いものは避けたほうがよさそうです。