レーシック手術で眼科から交通費の補助が出る場合

眼科でレーシックを受けるときの利点と問題点
サービスを提供する会社などは、たくさんのお客さんを得ようと努力をしています。その中には、お客さんが本来負担スべき費用について、その一部を負担してくれるところがあります。負担してくれないところと負担してくれるところなら、してくれるところに興味を持つでしょう。通常かかる費用と、負担分を加味して、料金の比較をするようにします。料金だけ見ると別のところで、負担分を加味すると、違うところが安くなることがあります。

レーシック手術をすることができる眼科においては、首都圏を中心に、全国の有名としに多いてクリニックが進出しています。首都圏以外では、中京圏、近畿圏、福岡、札幌などになるでしょうか。多くの人が住んでいるところです。それ以外に住んでいる人は、そこから近いところまで通院をしたり、宿泊などをしながら行く必要があります。その費用がかかるのですが、あるクリニックでは、交通費を補助してくれる制度を用意していました。

クリニックがある周辺県においては補助の対象外になりますが、それ以外の地域から来る場合は、領収書を提出することで上限金額内で支払いをしてもらえます。行っているところでは、1万円から2万円ぐらいを上限にしているところが多いようです。手術の総額が数十万円することもあるので、それから考えると微々たる金額とも思えますが、それが大きいのです。ただし、適応基準はクリニックによって違います。適用する手術の種類を分けているところもあります。